資格を取ってスキルアップ

a man has blonde hair

エンジニアとして働き始めた人や、転職してエンジニアになりたいと思っている人には特に気になるエンジニアの資格。資格を持っていることで自信を持つことができますし、夢のエンジニアに転職するため転職活動中の人なら採用に有利になりやすいと思います。そんなエンジニアの資格は、個人の技術力や細かい部分に差があります。それなので、まずは取っておきたい資格第一位のものからお話します。それは、IPA基本情報処理技術者試験です。国家資格であることや、この資格を持っていることで基本的な情報処理能力を持っていることの証明にもなります。現役のエンジニアの人も、この資格は持っておいたほうがいいと言います。IPA基本情報処理技術者試験では基本的な情報処理の知識が問われるので、この試験までにITに関する基本的な知識を十分に理解することができます。また、更なるレベルアップを目指す人にはIPA応用情報処理技術者試験がオススメです。この試験に関しては、経験を積み、幅広い知識や技術を持っている人が対象となるため初心者は挑戦できません。レベルが高い分、ここで学んだことが実際の現場で役にたったと言う人が多い試験です。また、情報のスペシャリストになれる資格として情報セキュリティスペシャリスト試験があります。こちらも国家資格で、持っていれば情報システムの企画・開発・運用・保守においての高いセキュリティ技術を持った者として認められます。個人情報やセキュリティの大切さが重要視されてきた今だからこそ、持っている人は優遇されやすい資格です。この他にもエンジニアの資格は多数あります。転職したいと考えている人も、現役エンジニアの人もぜひ受けるかを検討してほしい資格ばかりです。